キャンプ道具

【保存版】テントのペグガイド⚡️最適なペグの選び方

よく見かける5種類のペグの特徴をご紹介します。

テントを立てる際に必要になってくるのが「ペグ」です。

ペグはテントを支える役割を持つ道具ですが、様々な種類があります。こちらの記事では市場で手に入れることができるペグと各種類の特徴について簡単にまとめたいと思います。

さまざまな種類のテントペグ

ワイヤーテントペグ

ワイヤーテントペグは、通常、購入するほとんどのテントに標準で含まれています。このペグは万能で、基本的にどんな地質の地面にも適しています。ただし、テントを支えるという点では別のタイプのペグの方が優れている場合があります。

可能であればテントをしっかりと支えるポイントでは、ワイヤーペグではなく以下で紹介する別の種類のペグを使った方がテントが安定します。

プラスチックテントペグ

プラスチックテントペグは、草などの柔らかい地面や岩や石が少ない地面での仕様に適しています。プラスチック製のペグは特にガイライン(外ロープ・張り綱)を張るのに適しています。また、蛍光色がついているものが多いので、テントから離れた位置に打つのに適しており目立つので、つまづいたりして転倒防止にもなります。

「V」テントペグ

「V」テントペグは、ペグの長さに応じてすべての地面で利用することができます。「V」テントペグは、かなりの耐久性と食い込み性があるので、テントのメインのペグポイント(テントの四隅)に使用することをオススメします。その他、しっかりと支えたい部分に利用することもできます。

ロックテントペグ

名前の通りで、ロックテントペグは木槌で打ち込むことができるタイプのペグです。丈夫な金属かつ先がかなり尖っているので、硬い岩の多い地面に打ち込む時に最適です。このタイプのペグは、テントやタープを張る時は全体的に使うことができます。

スクリューテントペグ/パイルドライバーペグ

特殊なペグですが、パイルドライバーペグまたはスクリューペグはロックペグに似ています。ただ、ネジのように螺旋が切ってあるので、ネジのように地面に食い込ませることができます。耐久性のある鋼でできていることが多いので、このペグはかなりの耐久性があります。曲がったり折れたりすることはほとんどありません。

テントペグの使い方

テントステークの使い方

テントペグは地面に挿すだけなので、使い方もなくシンプルだと思われがちですが、以下の点はしっかりとチェックしておく必要があります。

①地面の確認

テントを張る際の地面の地質を確認します。土が緩すぎて手でくいが押し込めるくらい柔らかい場合は強度がない可能性があります。しっかりとペグを打ち込めて、抜けにくいポイントを選ぶ必要があります。

②角度

これはケースバイケースですが、テントペグはテントに対して約10度外側を向いた角度で打ち込むことが理想とされています。これにより、最大の強度を得ることができ、ペグが曲がったりすることを防ぐことができます。

③ペグの向き

強風時にガイラインが滑り落ちないように、ペグのフックはテントに向かって外側を向いている必要があります。

④ペグの打ち方

テントペグを打ち込む時には、ゴム製マレットや軽いハンマーを使用するのがいいです。足を使ったりすると不均等な力が加わり、ペグが曲がる可能性があります。もしハンマーがないときは近くにある岩などでも大丈夫です。

 

テントペグとはなんですか?

テントペグは「テントステーク」とも呼ばれることがあります。これはテントやロープを地面に固定してして吹き飛ばされるのを防ぐ役割があります。一般的には金属製で、長いフックのような形をしています。

テントペグを使用しないとどうなりますか?

テントペグを使用しないと、強風などでテントが飛ばされる可能性があります。また、柱に負担がかかることがあるのでテントの寿命を短くしてしまう恐れがあります。

HO:DA

世界を旅する旅人、アプリ開発者、WEBデザイナー、IT翻訳者。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button